ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ オーストラリア民衆、安倍の靖国参拝に抗議する中国政府を支持TOPアノ人たち ≫ オーストラリア民衆、安倍の靖国参拝に抗議する中国政府を支持

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

オーストラリア民衆、安倍の靖国参拝に抗議する中国政府を支持

人民網様をチェックしていたら、こんな記事が。


オーストラリア民衆、安倍の靖国参拝に抗議する中国政府を支持



日本の首相による靖国神社参拝に抗議し、日本の悪行を暴く中国政府を支持するオーストラリア民衆の手紙が在オーストラリア中国大使館に寄せられた。

 オーストラリア人のピーター・ホール氏は昨年12月30日の手紙で「A級戦犯を祀る靖国神社を日本の首相が参拝することへの中国政府の反対を完全に支持する。これらの戦犯は最も残酷な手段で近隣国を蹂躙した。南京大虐殺はなおさらに人々を激怒させる出来事だ。オーストラリアの男女多数が受けた虐待も理解しがたい。最もひどいのは、自国の軍人が侵略戦争で行った残酷な暴行を日本政府が認めていないことだ。いつの日か彼らが勇気を持ち、計画的に多くの国々に災禍をもたらした事実を受け入れることを希望する」とした。

 オーストラリア人のブルース・ボンド氏は昨年12月31日の手紙で「殺人犯の日本を阻止する」とのタイトルで日本の悪行を暴露。「誠実な人ならみな、中国の抗日の真実の歴史を知っているし、日本が長年にわたり暴力的手段で他国の冨を盗み取り、真っ赤な嘘で世界を欺いてきた歴史を知っている。数十年前、日本は中国を侵略し、強姦、蹂躙、虐殺を行ったうえ、中国を支配しようと愚かにももくろんだ。侵華日軍南京大屠殺遇難同胞紀念館(南京大虐殺記念館)は、寸鉄帯びぬ中国農民の頭を切り落とす時にさえ笑みを浮かべている日本人の写真を多数展示している。南京攻略後、彼らは計画的に多数の男女や子どもを殺害した」と記した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2014年1月5日



私は、オーストラリアに全く知識がないので、

この二人のオーストラリア人男性の、思想的背景や出自を知らないのですが、

有名な方なんでしょうか。

もしこのお二方が、本気で日本の首相の靖国参拝に反対ならば、

日本大使館に手紙を出すべきで、

中国大使館に送っても、何の意味もないということに気がつくべきです。

また、このネット時代、手紙などといういささか前時代的な手段を使うあたり、

もしかしたら日本でいう団塊の世代、

学生運動華やかなりし時代に思想的に染まってしまった人かと思わざるを得ません。

中国大使館にはメールというものがないのでしょうか?

本当に送ったのか、もらったことにしているのか、定かではありませんが、

大使館に寄せられた手紙、が一新聞で紹介されるということがよくわからないですね。

中国の新聞はすべて中国政府の報道官のようなもなので、

まるきり信憑性がないのですが、

この記事を喜々としてあげてネットでも配信しているあたり、

己と己に賛同する者の中だけにいると、

自分がいかに奇怪なことをしているのかわからなくなるというのは、本当だと思います。

フジテレビとか毎日新聞とかもそうですけど。


このことでつくづく思うのは、

「正しいことは必ずいつか伝わるはず」と黙していた日本人の大多数の思い込みの儚さと、

「事を荒立ててはいけない」という政府の配慮と、

「跪き外交一筋」の外務省の罪です。


普通に考えれば、

当時の人口より多いような犠牲者があることがおかしい、

それだけの人間を虐殺する手間と武器弾薬を戦時に使うことがおかしい、

それだけの人間を埋葬するにしても火葬するにしても「始末」する場所と手間と人足がない

そもそも、犠牲者の数が年々増えていくことがおかしい

・・・・とわかるはずなのですが、

とにかく日本が絶対的に悪でないと、

連合国側は収まらないので、絶対に耳を貸さないんですけど、

日本としては、主張すべきでしたね。

頭を下げて反省していれば許してくれる、なんてのはまったく日本的発想でした。


そして、A級戦犯という言葉だけを一人歩きさせた朝日新聞およびその他のメディアの罪は大きい。

ちゃんとした教育をしないように仕向けた日教組とその仲間たちのような文部省もおかしい。


こういう事を言うと、同じ日本人でも必ず、

「戦争をしたがっている」「タカ派」「右翼」「軍国主義」「右傾化」という人がいますが、

誰も戦争を今更したがるわけないじゃないですか。

尊い人命と莫大な予算を使って戦争して、何のメリットがあるというのでしょう。

それと、正しい歴史を学び、主張すべきことを主張するのとは、

全く別です。

敢えて混同させるように、煽ってきたマスコミにも責任があります。

そういう私も、このブログに書いているようなことを話すには、

まず相手を見極めないとできません。

このブログを書いていることを知っているリアの知人友人は、

ほんの一握りです。



靖国に限らず神社参拝には、

日本人のメンタリティ、宗教観、死生観などに関わる

深い深いものがあります。

なので、一般の外国人が生半可な知識で口出しすればするほど、

日本人は反発するということを、

ぜひ知っておいてもらいたいと思います。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。