ジュヌヴィーヴな毎日

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ 明治の富国強兵を非難する人TOPアノ人たち ≫ 明治の富国強兵を非難する人

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

明治の富国強兵を非難する人

細野豪志。

私は江戸の保守で、明治の保守ではないと言っていたな。


明治になってからの富国強兵策を、後の大東亜戦争にまでつながると言って非難する、

阿呆か確信犯的な人がいるが、

開港させるための日米和親条約、その後の日米通商条約の内容を見てごらんなさい。

まさに不平等条約。

単なるアメリカの属国扱いだから。

そこから脱出して欧米と対等にものをいうために、

どれだけ大変だったかわかるよね。

富国強兵以外、策があったか、聞きたいわ。


日米修好通商条約    安政5年(1858年7月29日)訂正いたしました。


第2条

  • 日本とヨーロッパの国の間に問題が生じたときは、米国大統領がこれを仲裁する。
  • 日本船に対し航海中の米国の軍艦はこれに便宜を図る。また米国領事が居住する貿易港に日本船が入港する場合は、その国の規定に応じてこれに便宜を図る。

なんだこれ。

アメリカ様の植民地、一歩手前ですよ。

明治の元勲並びに、明治の日本人ががんばってくれなかったら、

今頃私たちは、英語しゃべってて、

ハワイに住んでるハワイ王国の末裔みたいになってたかもよ?

独自の言語も文化も宗教も奪われてさ。

アメリカ様のことだから、植民地の産業の振興やインフラ設備、教育制度の充実なんて、

絶対にしてくれなかったでしょうね。

ひー、あぶなかった。


今の感覚で、当時の国策を非難するのって、つくづく阿呆だと思う。


追記:

奴隷解放で有名な南北戦争は、ペリー来航、日米通商訳締結の後で、

1861年~1864年です

有色人種に対して、アメリカ合衆国がオフィシャルにどう考えていたか、

よくわかるでしょう。

さらに、アメリカで黒人の参政権が認められたのは、1964年7月2日。

東京オリンピックの年ですよ?

日本は1946年、戦後すぐです。

何を偉そうに、日本に向かって「人権」だのなんだの言ってるんでしょうね。

ちゃんちゃらおかしいです。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。