ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ 米議会に知日派議連 TPP交渉の調整役にTOP日本 ≫ 米議会に知日派議連 TPP交渉の調整役に

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

米議会に知日派議連 TPP交渉の調整役に

米議会に知日派議連 TPP交渉の調整役に
2月上旬発足

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1500S_V10C14A1PP8000/

【ワシントン=中山真】米議会の知日派の下院議員らでつくる超党派の議員連盟が近く動きだす。大詰めを迎えている環太平洋経済連携協定(TPP)締結交渉の日米協議をはじめとする対日懸案をめぐり米政府に働きかけることなどが目的だ。先細りが懸念されてきた日米の議員交流や対日政策での議会ロビーの活性化につながるとの期待も出ている。

 議連の名称は「ジャパン・コーカス」。デビン・ニューネス(共和)、ホアキン・カストロ(民主)両下院議員が共同議長で今月、議会事務局に議員連発足を届け出た。日本を専門に扱う議連が米議会にできるのは初めて。

(後略)


あの「日米議員連盟」っていうのはいったい何だったんでしょう…。

日米議員連盟に加盟しているはずの、米国会議員は何の活動もしていない=役には立たない、

っていうことでしょうかね。

そもそも、あの日米議員連盟は、アメリカまで出かけて行って、

「中韓との関係を改善する」なんていう、訳の分からない口約束をしてくるくらいですから、

何のために存在しているのか、聞きたいくらいです。



ここでいう「ジャパン・コーカス」。

アメリカ議会では、「特定の政策を実現させたい議員が議連を結成し、立法過程で存在感を発揮している」んだそうです。

例えば、オバマ政権は黒人の地位向上を目指す黒人議員の「ブラック・コーカス」が影響力を持っています。

この他にも、韓国系議員が「コリア・コーカス」を結成し、米韓FTAの締結を推進したそうです。

コリアコーカスは、なんと2003年に発足しています。

アメリカの妙な韓国びいきは、すでに10年の歴史があるとみなしていいでしょう。

当然、コリアコーカスの会合には、韓国大使も出席しています。

この方が、コリアコーカスの重鎮、バートン下院議員。トヨタ訴訟でも韓国系女性の力になって、聴聞会を開いたそうです。

韓国の大学の名誉学位(ゴミに等しい・・・・)をお持ちです。引退されたようです。



さて、

米議会における知日派の代表と言えば、昨年末に亡くなった日系のダニエル・イノウエ氏が有名でした。

しかし、特定の議員グループを持つというわけではなかったようですね。

この議連の設立には、ワシントンの日本大使館が水面下で根回しをしたそうです。

TPPについては、様々な立場で様々なご意見があるとは思いますが、

一定の効果も望まれる制度ではあるので、日本の立場を強く主張するためにも、

あちらの議会に発言力を持つグループを形成するのは、悪いことではないと思います。

TPP以外にも、竹島、戦地売春婦問題、その他韓国がらみでは、

すでにアメリカは自ら巻き込まれていますので、

知日派を増やすことは、大変意義があります。



日本のFTA締結状況。


外務省のサイトにも、日本のFTAの現状がきれいにまとめられているので、ご覧になってください。

http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/fta/



面白いのが、この知日派議連ジャパン・コーカスの代表が、日系人でないこと。

ニューネス議員は40歳、カリフォルニア選出、カストロ氏はテキサス州選出の39歳、ヒスパニック系です。


日経新聞の記事によりますと、

「日本政府の念願だった議連の立ち上げが実現したのは、中国の台頭や米国のアジア重視戦略を背景に、

経済や安全保障で日本の重要性を再認識する動きが米国内で出てきた表れともいえる」そうですが、

私は、むしろ、このジャパンコーカスがここまで遅れた理由の一つに、

民主党政権の3年間があるとするのが、より正確だと思います。

こんな議連が、今日明日でまとまるはずもなく、

あまたいる米国議会の政治家の中から目を付け、話をする機会を得て、さらにプレゼンし説得し、

メリットがあるとしなければ発足に至りませんから、

少なくとも1年以上かかる話です。

日本政府が、日本を身売りしている状況は、アメリカ政府から見たら、相当異常に映ったでしょうね。

オバマ大統領も相当無能ですが、日本はそれ以上でしたから。


ところで、都知事選ですが、

マスコミは「舛添vs細川」の決戦にしたいようですね。

意図的なものを感じます。

自民に続いて、公明も舛添さんを支持を表明しました。

お近くの、テレビしか見ない、ネットはやってもそういう情報は拾わないという無党派層の方がいらっしゃったら、

売国奴はダメよ、とさりげなく教えてあげてくださいね。

脱原発を都知事選で語る愚かさも。

その際、間違っても差別用語や「老害」なんて言葉は使わないようにね。

それだけで、いやになる、という人は、意外に多いのです。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。