ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 外国人参政権  こうやって乗っ取られていくTOPアノ人たち ≫ 外国人参政権  こうやって乗っ取られていく

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

外国人参政権  こうやって乗っ取られていく

今朝ほど書きました、韓国から叙勲された方一覧。

韓国の勲章を受けた日本在住者(在日含む)
1等級 : 森喜朗 成田豊 扇千景 二階俊博 清水信次 前田勝之助 瀬戸雄三
     岡野俊一郎 
飯島英胤 榊原定征 韓昌祐 張本勲 青木定雄 陳昌鉉
2等級 : 枡富安左衛門 高木健一 金両基 趙治勲 平山郁夫 黒田福美
3等級 : 望月カズ 中川和雄 福村三男 原曻 岸昌 藤本幸夫 上田正昭
4等級 : 藤塚明直 伊藤亜人 佐藤忠男
5等級 : 細田早苗 布施辰治 小島鐐次郎 池田大作

の中には、当然ザイニチの方もいらっしゃいます。

有名なのが、青木定雄氏。


丁寧な乗客サービスで有名なMKタクシーの創業者です。


この方が、近畿産業信用組合の法令違反・ずさん融資・不明朗融資などで追及されたのも記憶に新しいところです。

さて、この方の実弟、青木秀雄氏(1936年韓国生、55年来日)もMKグループの副会長をお勤めでした。

この方の息子さんは、アメリカ国籍を取得されていますが、

奥様は生粋の日本人。

その息子さんの奥様が、某政令指定都市の市会議員に今年めでたく当選されました。


では、外国人参政権について、各地方自治体はどういう姿勢でいるか、

古い資料で恐縮ですが、貼っておきます。


 定住外国人に対する地方参政権付与に係る決議
総務省調べ平成16年9月30日現在 (その後の合併によって、数の変動があると思います。)

  都道府県 指定都市  指定都市以外の市区町村(要望書等を含む)
賛成  32   12     1182
反対   1    0       4

賛成自治体) 北海道、青森県、岩手県、宮城県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、
千葉県、東京都、神奈川県、富山県、石川県、山梨県、長野県、静岡県、愛知県、三重県、大阪府、奈良県、兵庫県、鳥取県、島根県、山口県、
徳島県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、鹿児島県、札幌市、仙台市、千葉市、川崎市、横浜市、名古屋市、大阪市、神戸市、 広島市、北九州市、福岡市、京都市など。
反対自治体)香川県など5自治体。

平成16年は、振り返ってみると、まだまだ日本人もお花畑で、危機感の無い人が多かったので、

自治体の解答ものんびりしたものでしたね。

今現在このような答えを自治体が出したと知ったら、住民が激怒すると思いますが、

念の為、ご自分の地元についてもお確かめください。

そして、地元選出の議員さんに、念押ししておきましょう。


外国人というと、いまだに


  

こういう人をイメージする日本人が多いようですが、

実際のところ、日本で一番多い外国人は、

  

こういう人たちですから。


おまけ。


よろしくお願いいたします。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。