ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 【訃報】小野田寛郎さん死去…終戦知らず比ルバング島で30年過ごすTOP日本 ≫ 【訃報】小野田寛郎さん死去…終戦知らず比ルバング島で30年過ごす

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

【訃報】小野田寛郎さん死去…終戦知らず比ルバング島で30年過ごす

1009282 (1)


      


太平洋戦争の終戦を知らずにフィリピン・ルバング島で30年間過ごした
元陸軍少尉の小野田寛郎(おのだ・ひろお)さんが死去したことが16日、分かった。91歳。和歌山県出身。

 死因などは不明だが、小野田さんが設立した「小野田自然塾」(東京都中央区)関係者はスポニチ本紙の取材に「亡くなったという連絡を受けている」と明かした。近く、近親者のみで密葬を営むとみられる。

 小野田さんは1942年に和歌山歩兵第61連隊に入隊。44年にルバング島に派遣され、情報員の任務を与えられた。
しかし、終戦を知らずジャングルに潜伏。51年に帰国した元日本兵の証言からその存在が判明したが、作戦解除命令がないことを理由に部下とともに山中にとどまっていた。
74年3月、捜しにきた元上官らの任務解除命令を受け、山を下りて救出され帰国した。
帰国後の翌75年、ブラジルに移住。原野を開拓して牧場をつくった。
84年、ルバング島での経験を生かし、たくましい青少年育成のために「小野田自然塾」を開設。キャンプ生活を通して自然の大切さや、目的を持ってたくましく生きることなど人間の本質を教えていた。

 近年は都内で暮らし、国内各地で精力的に講演を実施。ルバング島での体験を振り返り、「生き続けようという目標を持っていたことで、日本に帰ることができた」などと話していた。

◆小野田 寛郎(おのだ・ひろお)1922年(大11)3月19日、男5人、女2人の7人きょうだいの四男として和歌山県亀川村(現海南市)で生まれる。日本帰還後に移住した ブラジルでは牧場で1800頭の肉牛を飼育していた。
著書に「戦った 生きた ルバン島30年」(74年)。05年、藍綬褒章を受章。

http://www.sponichi.co.jp/society/news/2014/01/17/kiji/K20140117007402700.html


当時どういう報道だったのでしょうか。

このピシッとした敬礼姿を、嘲笑したんじゃないでしょうね。

何十年も同じ服装でいて、食物も十分でなかったというのに、

この目力。

精神力というものは、こう言うものだと思います。


解除命令をされた元上官という方も、すでにお亡くなりになったのでしょうね。

泣ける話です。

昔の日本人は強かった。

「生き続けようという目標を持っていた」という事実に注目してください。

後日物語等で言われるように、

日本軍は「とにかく死ね!」って本当に言われてたのかな?と思いますね。

生きなきゃ勝てないんだから=生き残った兵士の数が多いほど、勝ちなんだから、

死ぬことを推奨されたっていうのも、今となっては眉唾な感じ。


心からお悔やみ申し上げます。



おまけ

私が出会った日本語世代のおじいさま、簫錦文先生。

過去記事にも書きましたが、この方のおかげで、私は覚醒しました。

是非台湾に行かれたら、この方にあってください。

かなりご高齢ですので、

こんなこと言っちゃなんですけど、時間がない!

私はお名刺も持っています。

この方から、「教育勅語」の写しをいただきました。

「親を大切に、兄弟仲良く、そのどこが悪いんですか?」と。

今は二二八紀念館でボランティアガイドされているそうです。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。