ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ カリフォルニア州債についてTOPアノ人たち ≫ カリフォルニア州債について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

カリフォルニア州債について

ちょっと前、そう、シュワルツェネッガーが知事だったころ、

カリフォルニア州がデフォルト寸前というニュースがありましたね。

2009年のことです。

ところが、今は全く聞きません。

なぜか。

それは、菅政権当時、

カリフォルニア高速鉄道の建設話を持ち掛けられ、

国交大臣であるマエハラ先生の尽力もあり、

特別会計で2兆円ものカリフォルニア州債を買ったから!

あっという間に、カリフォルニアの赤字は解消。

公務員のお給料も払えるようになりました。

肝心のカリフォルニア高速鉄道の話は、

どんどん遅れていて、着工のめどすら立っていない。

しかも、日本企業が受注するという確約があるわけでもなし、

(そんなのあったら談合だよね)

カリフォルニア州債の償還は80年後という、あり得ないような長期債券。

これを売ろうとする政治家は、

たぶん不慮の死を遂げるか、盛大なスキャンダルで政治生命を絶たれるか、

どっちかでしょうね。

そして、そのカリフォルニア州で盛大に慰安婦像が建っているという現実。

全部いっぺんに売り払ってやれ!



   

ホント、民主党は売国政党。

民主党の議員は皆売国奴。

二度と民主党を復活させてはなりません。



    

そして、隠れ民主党や、

社会党や共産党の中にいる、

愛国ではない左翼、

隠れ媚中媚韓派に気を付けて。

あなたの選挙区のその自民党議員、

もしかしたら売国奴かもしれませんよ。



政令経熱が政令経冷になったと、一部評論家が知ったようなことを言っていますが、

日系企業が出て行って一番困るのは、中国で、

それを一番知っているのも中国です。

一緒になって、日本企業を無駄に叩くのはやめ他方がいい、と私は思います。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。