ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ i稲嶺進市長の得票数TOPひとりBPO ≫ i稲嶺進市長の得票数

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

i稲嶺進市長の得票数

名護市長選の結果をご覧になりましたか?

http://go2senkyo.com/election/12531

おっと、これはずいぶん古い写真。

いつもワンイシュー選挙の名護市長選。他人事ながら、ほかの政策は大丈夫でしょうか。


有権者数  46582人

投票者数  35833人

投票率     76.71%


稲嶺進   19839票

末松文信  15684票


マスコミが言うほど圧勝ではない気がします。

稲峰氏が56%、末松氏が44%  といったところ。

少数意見を優遇せよとか、圧勝したら独裁が始まる、というような

いつものマスコミの論調が聞こえてこないのが面白いですね。


辺野古移設は国の政策で、それはもう昨年の選挙で国民の総意で決められたものです。

それこそがまさに選挙による『民意』です。

危ないところにいつまでも基地を置いておくより、

さっさと移転した方が、安心安全なのにね。

それとも、基地が移転すると地権者が収入を得られなくなるから、

こまるんでしょうか。


拙ブログの過去記事ですが、再度ご紹介させていただきます。

http://ameblo.jp/nipponnoobasan/entry-11608536346.html

名護市長が土地の返還延期要請

日米両政府がアメリカ軍のキャンプハンセンの一部を名護市に返還することで合意したことについて、これまで返還の延期を求めてきた名護市の稲嶺市長が沖縄防衛局を訪れ、改めて返還を延期するよう要請しました
日米両政府が、5日、名護市に返還することで合意したキャンプ・ハンセンの一部は、土地の大半を所有する名護市が、▼借地料が支払われなくなる一方で、▼山の斜面にあり、返還されても跡地利用が難しいなどとして、返還の延期を要請し、これまで3回にわたって返還が延期されていました。
名護市の稲嶺進市長は、6日沖縄防衛局を訪れ、武田博史局長に対し、返還を延期するよう、あらためて要請しました。
これに対し、武田局長は、「日米地位協定では『アメリカ軍が使用する施設や区域は、必要でなくなったときには、日本に返還しなければならない』と定められている。これまで名護市側の要請を考慮して返還が延期されてきたが、今回、合意に至った」と述べ、要請には応じられない考えを示しました。要請のあと、稲嶺市長は、「市としても、返還されなくていいとは思っていないが、今回の返還の方法や内容には問題があると考え延期を要請した。借地料の急激な減少などの影響を考慮し2段階で返還するとの説明だったが、借地料を受け取っている地元の3つの区の間で混乱を招くおそれがある」と話していました。

09月06日 19時10分


稲峰市長の言い訳がもうなんともあざといです。

今回の返還の方法や内容には問題があると考え…

これって、まるでいつまでもシャザイとバイショーを要求する

アノ国みたいじゃないですか。


 

これが反対派のやってること。

フェンスにいやがらせ。テープに刃物がしこんであることも。

何故か中国の国旗が。



こちらは、フェンスクリーン運動で掃除している皆さん。

絶対に報道されない、基地賛成派のデモ


それと、これに鑑みて、やっぱりこの方にひとこと言いたい。


日本人の反米感情をあおってどうしたいの?

What would you like to do inflame Japanese anti-American sentiment?

まさか日米同盟に反対なの?

You are opposed to a Japan-U.S. alliance by no means?

あ、ふたことでした。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。