ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 南北統一TOPアノ人たち ≫ 南北統一

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

南北統一

遠い昔、私も典型的な善良な日本人でしたので、

半島の南北統一は民族の悲願であり、

近隣諸国として日本も出来るだけ協力してあげるべき、

とまでは思わないまでも、

早く統一できたらいいね、くらいには思っていました。

なので、

なぜか大阪のコリアンタウンで、

ハンナラ運動みたいなテーマでコンサートがありました、

韓国籍と朝鮮籍の人がイベントを開きました、

なんていうニュースも、

むしろほほえましく聞いていました。


国際大会でも統一コリアで入場行進したりしていましたね。



なんでそんなお人好しなことを考えていたんだろう?

思わされていたんだろ?

南北に分かれて争って、結果分断するに至ったのも、

アノ半島の人たちが選んだ結果なのに、

なんで私たちが自責の念とやらまで持ち出されなきゃいかんのでしょう?

    


 



私たちは朝鮮戦争で南北が分断したと習っていましたが、

朝鮮戦争は1950年6月25日に勃発しています。

戦争が起きるくらいですから、とっくに南北で勢力争いがあったんですね。

既に分断状態だったわけです。

「竹林はるか遠く」によりますと、

日本の無条件降伏のその前から、

既に38度線以北は共産主義者が勢力を伸ばしていて実効支配している、

となっています。


ところが、一部というか多分ほとんどの韓国人は、

「南北分断は日本のせいだ」と考えているようです。

知らんがな!


そして、

「最大の障害は「安倍日本」=南北統一に関する国際会議」

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/22/2014012201305.html

朝鮮日報の記事です。既読の方も多いでしょう。

60年も揉めてる問題の障害が、発足たった1年弱の安倍政権とは、

イチャモンもここまで来ると、芸術的です。


ちょっと古い話ですが、

李明博大統領も、日本が対北朝鮮賠償金を100億ドル出すはずだから、

それを南北統一費用に充てる、などと大統領選挙の際に言っていました。

元ソースはリンク切れです。http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/443385/

もしかしたら、巷間で言われているように、ザイニチの皆さんが民主党が政権を取るように活躍していた頃とかぶりますので、

李明博氏としては勝算があったのかもしれません。

日韓基本条約を締結した時に、

日本は大韓民国を朝鮮半島における唯一の国家として承認したわけです。

つまり、北朝鮮分も韓国様にお支払い済みなのです。

  

それが、いつの間にか、北の分は後々賠償するでしょう、という話にすりかわっています。

おかしなことに、日本の国会議員でも同じことを言う人がいますし(元社民党の辻元清美とか)、

北の若大将とその仲間も、日朝国交回復の際には、韓国にしたのと同じ賠償内容を、

現在のレートでやってくれ、と要求したいようですね。

そしてヤフー知恵袋(工作員の巣窟)を見ると、

至極尤もらしく、日本が南北分断のきっかけを作ったのだから援助すべきという回答があったりします。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1078734180

それにしても辻元清美、お前が北朝鮮にかわりに行って来い!って感じ。




ところで、来たとは特別に親しい間柄の辻元清美先生。

右の写真で一緒に写っている崔竜海先生は、

この写真では左にいる軍人さんで、

今、北朝鮮の実質ナンバー2と言われています。


辻元清美先生とそのパートナーが主体となって始まったピースボート、

これが北朝鮮と深いつながりがあることは、今や秘密でも何でもありません。

お知り合いの若者や、お子様が、安く世界一周できるから乗りたいと言っても、

絶対に乗せないでくださいね。

最近では、麻薬密輸騒ぎもありましたし、ろくなことはありません。


  

  

自衛隊派遣反対などという政治的メッセージを持つ船。

それなのに、ソマリア沖では海賊がこわいため、海自にSOSを出したとさ。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。