ジュヌヴィーヴな毎日

2017年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年10月
TOPスポンサー広告 ≫ 中国に年賀状を送るのはこの時期です。TOPアノ人たち ≫ 中国に年賀状を送るのはこの時期です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

中国に年賀状を送るのはこの時期です。

なんか、おもしろかったので貼っておきます。


外交部、安倍首相の春節の祝辞に回答


http://j.people.com.cn/94474/8522415.html

――日本政府は23日、在日華人に向けた安倍首相の春節の祝賀メッセージを発表した。安倍首相はメッセージの中で、「中日間に個別の課題があっても、2国間関係全体に影響させないようコントロールしていくとの『戦略的互恵関係』の原点に立ち戻るべき。例え障害物があっても乗り越え、未来に向かってともに進んでいこう」と呼びかけた。これについて中国側のコメントは。 

 中国は中日関係を高く重視している。我々は一貫して中日間の4つの政治文書を基礎とし、歴史を正視し、歴史を鑑として未来に向かうという精神に基づき中日関係を発展させていくことを主張してきた。我々は日本側が、重要な問題を避けて些細なことばかり論じ、実を避けて虚をつき、口先だけで実行が伴わない態度を改め、誠実な態度で、両国関係改善に向け、着実に努力することを望む。旧暦の午年をまもなく迎えるにあたり、日本の指導者が華人に向け心からの祝賀の意を表し、中日関係に対し最も誠意ある祝いの言葉を述べるならば、「私は断崖において馬の手綱を引き締め、直ちに謝罪して過ちを正し、靖国神社は二度と参拝しない」と表明することに勝るものはない。編集SN)


いろいろ突っ込みどころはあるのですが、


謝罪しなきゃいけないことは何もなく、むしろこれまでの莫大な経済支援と財政援助にお礼を言っていただきたいし、

あと、宗教を認めないイデオロギーの国に、よその国の宗教的な事柄について、

とやかく言うのは、まったくのタブーであることに、早く気が付いてください。


アメリカ大統領が聖書に手を置いて宣誓することとか、

イスラム国家の指導者がコーランに基づいて国家を運営することにも、

同じように文句を言ってくれたなら、その言葉は本物だと思います。

これは全く日本人の精神性、宗教性の問題なので、

他国の人間が誰一人口出しすべき問題ではなく、

まして政治問題、外交問題にもすべきことではないのです。



何言っちゃってるんだろ、この人。


あと、中国もほんと、小っちゃくなりましたね。

昔は貧しくても、本当に「大国」らしいところがありましたよ??

情けない。


今日は、民主化活動家の裁判の判決が言い渡される日でした。

そのうちまた、世界中からそっぽを向かれますよ…。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。