ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ 私たちが戦っているもの、それは。TOP日本 ≫ 私たちが戦っているもの、それは。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

私たちが戦っているもの、それは。

大きく構えちゃってごめんなさい。

私たち、なんてひとくくりにされたくないという方、ごめんなさい。

でも、言いたい。


私たちが戦っているもの、それは「日本を弱体化させようとする勢力」です。


まさに弱体化計画の一環でした。


思えば、それはGHQによる「公職追放」から始まったのでした。



当時の新聞


過去のすべてを否定する政権が誕生して、

それまでの様々な分野での指導者が投獄されたり処刑されたりして、

自国の文化が断絶してしまい、

継承者がいなかったり、途絶えてしまったという国はいくつもあります。



日本では、終戦後GHQの日本弱体化計画の一環として、

戦前のリーダーの「公職追放」がありました。

大学教授や政治家など、大量に投獄したり追放したので、

ポストに空きが出ます。

そのポストに誰がついたかというと、

戦前に反戦活動をしていた人、すなわち「共産党員もしくはそのシンパ」です。

いま日本の最高学府と言われる東大や、京大、

それから何故か不思議な判決が繰り返される法曹界、

それから美術界、芸能界、演劇界、もちろん政界。

全て左翼思想の人たちがトップを占めるようになりました。

戦後最初の総理大臣は社会党党首片山哲でした。


当然、中で育てられる後進は、指導者の思想に染まっていきます。

情報が今ほど簡単に取り出せる時代でなかったので、

権威者がいう事は「絶対」」でした。

そして、世の中には無自覚に「左翼思想そして日本否定」な人があふれていきます。

昭和20年代生まれの方とお話をしたことはありますか?

面白いくらいに、あの人たちは、男女問わず、

「天皇制は無駄」

「日本は酷いことをした」と言います。

面白いくらい染まっています。

そして、その人たちが今は権威者の立場になっています。

当然、自分たちと同じような思想に、後進を導いていきます。

ネットの時代にならなければ、これからも

GHQ=アメリカによる、日本弱体化計画は、

着々と進んでいったことでしょう。

ネットの時代になったからこそ、私のような普通のオバサンでも、

様々なことが調べられ、そして自ら発信できるようになったのです。


東西冷戦時代の勢力図


日本が経済大国になったのは、米ソ対立の冷戦において、

日本が地政学的にも太平洋の防波堤になっていたからであって、

そうでなければ、アメリカが手をこまねいて日本が発展するままにしていたはずがありません。


若い人は知らないかもしれないけれど、

80年代には「日米貿易摩擦」というのがありました。

あのころは、東側陣営は完全に疲弊していたので、

アメリカにとって敵ではなかったのです。

余談ですが、日米貿易摩擦を機に、日本の製造業の海外生産が加速されました。

1991年、ソ連の崩壊に伴って、アメリカの仮想敵国は、

実は、ソ連から、「日本とドイツの経済力」に変更されています。

今でもそのままです。

アメリカが世界の覇権を握るために、自由主義陣営で自分以上の大国は、

要らないのです。

勝手なことをいつも言います。


もっと古いことを言えば、「ニクソンショック」というのがあります。

1971年7月15日に発表されたニクソン大統領の中華人民共和国への訪問を予告する宣言から、

翌1972年2月の実際の北京訪問にいたる一連の外交のことです。

当時中ソ関係は最悪で、なんとしてもソ連を抑えたかったアメリカの、大変利己的な行動です。

これを機に、台湾は世界の孤児になっていきました。

   

ニクソンと毛沢東               日本車を叩き壊すアメリカ人


そういう事を知ると、日本にある米軍基地が、果たして日本の国防にどれだけ寄与してくれるか、

甚だしく疑問に思えてきますね。

現実的に考えて、

例えば尖閣諸島、日本の小さな島、しかも人も住んでいない…のために、

例え同盟国と言えど、莫大な予算と人命をかけて戦うことを、

アメリカ議会が決議してくれるでしょうか。

また、

アメリカの国債は、日本と中国が主要な保有国です。

中国が国債を売っぱらうぞ!と脅しをかけたら、どうなるでしょうか。

日本は道義的に、同盟国ですので、売っぱらうぞ!というのは、本当に本当の最終通告になります。

ちょっとほのめかしただけで、大スキャンダルに巻き込まれて退陣した橋本龍太郎内閣のことも、

忘れることはできません。

アメリカ国債保有国の割合。2013年10月頃。


現実的に、米軍基地があることは、確かに中国に対する抑止力になっています。

しかし更にシビアに考えると、それ以上のことは望めないのです。

自前の国防力を持つことの必要性を、

私たちも考える時が来たと思います。



hamamatsu

政治に興味がない日本人が多い方が都合がいい会議がいっぱいあります。



ところで、女性の皆さんは、

周りにこういう話をするお友達はいない人が多いと思います。

うっかり話すと、「右翼」と思われたり、

「戦争がしたいの?」と誤解されたり、

最悪なのは「そんなこと興味なーい」と言われたりします。

「難しいこと考えてるのねー(笑)」みたいなことも多いでしょう。

私は、最近そうやって話の腰を折る人も、

もしかしたら「工作員ではないか?」と思うようになりました。

なぜか。

政治に興味を持たない人が多すぎる、とか言いますが、

本音では政治に興味を持ってもらいたくないのです。

「日本を弱体化するためには、どんな手段もいとわない存在」

が、この世には確実にあると思います。






そんなわけで、どうぞよろしくお願いいたします。


都知事選、都民の皆さんは、必ず投票に行きましょうね。







スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。