ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 舛添候補まとめ①TOP都知事選’14 ≫ 舛添候補まとめ①

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

舛添候補まとめ①

右過ぎず、左過ぎず、年寄り過ぎず、有名人で大臣経験者でもあり・・・な

舛添先生まとめwikiです。


生活保護不正受給疑惑

これで「厚生大臣」で福祉を語るという・・・。

不正受給のテクニックを生かして、防止するというのなら納得ですけど。


姉の生活保護についての記事の内容

・舛添要一氏が母親の介護を始めるのは平成八年(1996年)から

・4人の姉のうち4番目の姉が生活保護を長年受けていた

・平成四年(1992年)、北九州市の担当職員が「可能な範囲で1万でも2万でもいいから仕送りしてくれ」と頼みに舛添氏の家を訪ねたが追い返された(元市職員談)。

・当時の舛添氏はタレント学者としてテレビで稼いでおり、億単位で不動産を買い漁っていた。

・北九州市は生活保護率が全国一だったこともあり、当時は生活保護の適正化に一生懸命だった。

遠距離介護のウソ

私は実家で母が祖母を11年介護してきました。

もちろん実家住まいの私も手伝いました。

そんな中、

たまにやってきて介護した介護したって言われるのって、ホントに腹が立ちます。

24時間365日介護している者と同等に語られるのって、ほんとに嫌。

私は祖母を愛していましたが、11年の介護生活で、我が家のいろんな計画はすべて頓挫しました。

これが介護生活の現実。正直な感想。

そもそも、福祉を語るなら、家族が介護するのが当然という風潮をただすべきで、

介護しました自慢は、もう結構です。

母の介護・長姉との確執について

・4人の姉のうち長姉とは母の介護を巡って絶縁状態

・「他の妹は要一のほうについた」(長姉談)

・舛添氏が母親の介護をしていたのは平成12年(2000年)に亡くなるまでの3年間ほど週1回程度

・母親の日々の介護は舛添氏の会社の取締役に名を連ねる三番目の姉が行なっていた(近所の老人談)

・舛添氏が介護に携わるまで長年、長姉夫婦が一緒に暮らしていたが、母親の死も知らされなかった

・舛添氏は著作で長姉夫婦が母を虐待していたと書いているが、「全部嘘」(長姉夫婦談)。舛添氏母が関わった病院や施設関係者への文春の取材では「長姉夫婦が虐待をしていたなんてことはない」

続きます。

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。