ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ それでもやっぱり舛添でしょ。TOP都知事選’14 ≫ それでもやっぱり舛添でしょ。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

それでもやっぱり舛添でしょ。

それでも、やっぱり舛添でしょ、とお思いのあなた。

細川や宇都宮がなるくらいなら、当選しそうな舛添に入れようというあなた。


選挙は自分がどんな思いで票を投じようが、

その1票は、その候補者を支持している数としてカウントされます。

もったいないので、

当選しそうと思われる候補者に入れたり、

批判票として誰かに入れたり、

まして白票を入れたりしないでください。

どうしても、どの人もピンとこない、という方は、

私を信じて「田母神」と書いてください。


舛添さんのネガキャンではないですが、単なる事実をご紹介しますね。

この方を、党内勢力のためと言え、どうして安倍総理は応援演説が出来たか理解に苦しみます。

そして、前面に立つのを安倍総理に押し付けて、敵前逃亡したゲルこと石破茂幹事長。

この方の候補者選びは、いろいろ取りざたされていますが、

お前、選んだ以上応援演説しろよ、と思います。


さて、抜粋記事。


舛添要一激白「バカにつける薬はない」「決定的に資質に欠ける」

 まだ開票作業がはじまって間もない21時30分。ニュースで「安倍首相、続投の意向」との一報が流れた瞬間、舛添要一氏は次のように吐き捨てた。

 「バカだよなー。まだたたかっている候補がいるのに、なぜこの段階で言う。(自民党は)安倍のために政治をやっているんじゃない。知恵をつける奴がいない。バカにつける薬はないよ!」

 選挙前から安倍政権に対して異を唱え続けた舛添氏が、怒りの胸中を激白した。

 ペナントレースをやっていて、試合が終わっていないのに監督が続投っておかしいでしょ。監督に責任がないというようなもの。「閣僚が悪い」というけれど、監督があのピッチャー(閣僚)を選んだんだろうって。安倍さんも、一度野球をやってみるといい。

 参議院選挙の敗因には、三つの原因があると思います。一つ目は年金。二つ目は安倍政権の構造的問題。三つ目は小泉改革のマイナス面です。こっちは命がけで野党と闘っているのに、敵の弾にやられるならまだしも、後ろから弾を撃ってくる。毎日のようにバカ大臣やバカ副大臣が失言、不祥事をやらかす。これじゃ闘えない。その不信感が大きかった。

 松岡さんや赤城君の事務所費問題のときも、安倍さんはすぐに「問題ないと聞いている」と言った。決断が早すぎるし、間違った判断をしている。今回の「続投発言」のタイミングもそうです。結果が出る前に続投を宣言しても、誰の同情も買わないし、みんな反発しますよ。安倍さんは周囲のいうことを素直に聞いてしまうのでしょう。人はいいのかもしれないけれど、政治家としての資質を決定的に欠いています。

 選挙の間にも、すでに続投というようなことをいう。やっぱり総理の器というか、リーダーの資格があるのかなと皆思っています。常識なら辞めるんだけど、そこは辞めないという。

 安倍さんはあくまで自民党員が選んだ総裁で、国民が選んだわけではありません。衆議院の三分の二議席だって、小泉前首相が取ったもので安倍さんが獲得した議席ではない。だから国民の審判を謙虚に受け止め、耳を傾ける必要があるのです。

 化石と若造の官邸

 (続投発言によって)安倍さんも自民党も永遠に政権から離れてしまう可能性がある。永遠に野党になってしまう可能性がどんどん出てきている。安倍さんは続投できるかもしれないが、自民党を自滅に追い込む道を選んでいる。それを分からせる人がいない。

 官邸にも問題がある。小泉さんのときは塩ジイ(塩川正十郎元財務大臣)がいた。中曽根さんのときは後藤田官房長官がニラみを効かせていた。いまは的場(順三)という副長官がいるけど、オヤジの安倍晋太郎さんのときにいた人で、化石みたいになって使い物にならない。他はなにも知らない”若造官邸”ですよ。

 安倍内閣を「バカ社長にバカ専務」と言った気持ちは全然変わっていません。ボンボンでもなんでも社長に祭り上げるのはいいわけですよ。どこでも二代目社長、三代目社長はいる。そういう会社は、(社長が)バカだとわかっているけど、周りの専務たちがしっかりしているからもっているわけです。だけど、ボンボンのうえに周りの番頭たちも駄目だから駄目なんです。いまやらなければならないのは、それを替えることに尽きます。

 参議院選挙では民主党が躍進し、自民党結党後、初の与野党逆転を果たした。図らずも「戦後レジームからの脱却」を果たした首相に、舛氏はこう注文を付ける。

 私は安倍さんの続投がいい決定とは思わない。全ての責任はトップにある。辞任すべきだと思っています。だけどフライングして走っちゃったものだから、(自民党の)中にいる人間が連れ戻すわけにもいかない。「おい、ちょっと」と言って、また変な方向に走り出さないようにするしかない。”安倍降ろし”をやっている余裕はいまの自民党にはないですよ。

 だからまずは人臣の総ざらい、問題あった役職、大臣は全部切らないといけない。ピシッとした内閣をつくる。そこが最後ののぞみです。

 ただ、内閣改造はすぐにやらないと駄目。九月まで待てよ、というのはアウトです。バンソウコウ王子をあと四十日間、連れまわって(内閣が)もつと思いますか?赤城大臣じゃもちませんよ。おそらく8月8日に臨時国会を開くだろうから、勝負はそれまでの一週間で内閣改造をできるかどうかです。これはバカが考えてもわかることです。

週刊文春 8月9日号 特集記事 安倍自民37議席の「天罰」 28~29頁より抜粋


全部で8回バカって言ってます。



介護経験なんて、ウソ。

厚生大臣の時に認可した、子宮頸がんワクチンは副作用で苦しむ人続出。

その上、当時も社保庁の改革一つできていない。

この人が福祉を語る資格なんてありません。



どうぞよろしくお願いいたします。

本当の争点は、「外国人参政権」です。

舛添、細川、宇都宮の三氏のいずれかが都知事になったら、

あの尖閣募金は、

どういうわけか韓国・ヒラマサオリンピック支援に消えていくことでしょう。

ソウルや北京との姉妹都市交流ばかりが盛んになり、

どんどん中国人や韓国人が東京に住み着き、

そのうち地方参政権を取って、

なぜだか日本人が小さくなってクラス東京になってしまうことでしょう。

宇都宮さんが知事になったら、

被害者より加害者の人権を配慮し、

加害者のアフターケアばかりが優先されるようになるでしょう。

絶対にダメ!




東京を、誇りと愛が持てる優しい街に。

どうぞよろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。