ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 田母神候補の政策@外国人記者クラブTOP都知事選’14 ≫ 田母神候補の政策@外国人記者クラブ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

田母神候補の政策@外国人記者クラブ

公開討論会でも、テレビの候補者紹介でも、田母神候補の政策が、

ちゃんと伝えられていないようなので、

外国人記者クラブでの、記者会見の書き起こしを転載させていただきます。

beeflowers様事後承諾になりますが、ご容赦くださいませ。

http://ameblo.jp/beeflowers/entry-11764844564.html


Q:外国人地方参政権について詳しく説明をしてほしい

A:伊豆大島の人口を絡めて、それより多い外国人が移住した場合に参政権を外国人に

与えることの危険さ、などを説明


Q:参政権を与えないという事は外国人には優しくないということですか?

A:外国人と日本人を区別することは当たり前。世界中で当たり前のことだ。

おもてなしするのと参政権を与えるのは全く違う。


Q:昨年から国際メディアが注目しているヘイトスピーチについて

A:勿論度が過ぎたものは止めたほうがいいが、日本は大人しくて

自分達だけを直そうとする傾向がある。

韓国は以前から日の丸や総理大臣の顔写真をやぶいたり燃やしたりを

ずっとしていますから、こちらも止めるからあなた方も止めるべきだ、と私は言います。


Q:田母神都知事になったら女性への出産支援や子育て支援策などどうしますか?

A:二万三千人の待機児童がいる為、保育所託児所をきちんと整備し、

働くお母さんのためには横浜にある子育てコンシェルジュを真似る対策もなども

取ろうと思っています。

また、働くお母さんだけではなく、次世代を担う子供をじっくり育てたいという

専業主婦に対しても何らかの経済支援をしいくつもりです。

子育てに経費がかからない、ということが要です。

女性はどちらの人生も選べるようにしたい。私は女性に優しいんです。

また、高齢者や障碍者の方々に対しても、コンシェルジュのようなものを作って

孤独にならないようにしたい。


Q:横田基地についてはどうしますか?

A:元航空自衛官なのでよくわかっているが、横田基地は離発着がいま余裕があるはずなので、

民間機が離発着できるよう調整したいと思っています。


Q:田母神さんはネットで人気だが、新聞の世論調査と違うのは何故だと思いますか?

A:私は組織票がないので、ネット選挙解禁してから間もないので

ネット評価と離れているのは仕方ないと思う。

あとは、少しはマスコミが田母神を通したくないという意図が入っているのではないか。

また、安倍政権と一番近い考えなのは私。

日本は戦勝国が作った歴史を教えてきたが、これは間違いで、

中国なんかと同様に自分の国の良いことを沢山教えるべきではと思います。


Q:航空幕僚長としての経験を踏まえ、尖閣諸島の周辺について、

防衛を実現できていると思いますか?

中国が何百機も飛行機を飛ばす等に対して危機を感じますか?

また、幕僚長時代にはそういった経験はありますか?

A:幕僚長時代に中国が尖閣諸島に上陸するといった情報があったときは

対応したことがあります。

中国にはいま現在戦争をやる力はない。情報戦を仕掛けてきているだけ。

安倍政権に自衛隊を使って中国の侵略を具体的に阻止されることが一番怖いはず。

中国の軍人もそれを怖がっていると思う。


Q:移民政策について。オリンピックに伴い、低賃金な労働者が、

また、技術者も必要になってくると思うのだが、移民政策や特区についてはどうお考えか。

A:特区を作るのはいいと思うが、いわゆる日本に金稼ぎにくるだけの外国人に対しては、

今日本人の労働力が余っているのだから、そういう人たちを差し置いて

外国人労働者を受け入れるべきではない。デフレ脱却したら考えればいいこと。


Q:靖国参拝賛成について、中韓との関係はどう思っているのか?

また、尖閣諸島についても日中韓で緊張しているがどう思うか?

A:総理の靖国参拝について外国が言ってくるのはまさに内政干渉だ。

総理が毎日のように参拝したら疲れて言ってこないと思う。

日本のほうが経済的にも中韓より強いので、言うべきことは言うべき。

日本は何を言っても大丈夫と思われているから、きちんと言うべきだ。

日本は中韓の首根っこを捕まえてるも同じなので

(彼らの輸出を成り立たせているのは日本)。

尖閣諸島、中国は支配する力はない。

安倍政権が自衛隊の法整備を整えているので、粛々とやればいい。


Q:何故日本のメディアが田母神を勝たせたくないと思うのでしょうか?

A:退官したときもそうだが、私は日本はいい国だという論文を書いたら

マスコミに猛攻撃を受けた。

自国を褒めたら職を負われるなんて日本以外ないだろうと思う。

これは日本のメディアの問題だと思う。




外国人記者は日本のマスコミのように、何らかの意図を持つ集団ではないので、

そこが知りたい、というところ、を聞いてくれる気がします。

しかし、外国人参政権について聞いてきた記者は、

明らか不勉強です。

社会福祉と国家主権との意図的な混同を狙っているのでしょうか。

また、いわゆるヘイトスピーチですが、これを都条例で禁止させようという動きがあります。

私は、○○はタヒね!という表現は、表現の自由を超えているとは思いますが、

それこそ、韓国ではそれ以上のヘイトスピーチをいわば国家公認でやっているわけですから、

フェアではありません。

そこには、「敗戦国には何の権利も資格もない」という傲慢さが隠れています。

もし、在特会のデモを禁止するのであれば、

あのたいへん不愉快な「反天連」のデモや、

しばき隊による無届カウンターデモこそ、取り締まってほしいです。

とは言え、韓国は正確には、当時は日本で、日本とともに負けた国です。

日本と戦ってさえいません。

国際条約に基づいて、お互いの合意のもと併合にいたったのです。

臨時政府が満州にあったと主張して、戦勝国側に入れてほしいと、

戦後すぐに李承晩が申し出ていますが、却下されています。

また韓国人将校自身が、それを否定しています(この方は、当然親日派とされていて、国内に住めなくなり、今はアメリカ在住です)。


この他にも、消費増税分を都民税を減らす、都営住宅に住む子育て世帯を支援する、

等言われていますので、公式サイトを参考になさってください。

http://www.tamogami-toshio.jp/

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。