ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOPスポンサー広告 ≫ TPPTOP日本 ≫ TPP

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

TPP

TPPは、皆さん、立ち位置によって見解が全く異なると思う。

何事も100%良い、というものはないので、

TPPに反対する人もいれば、歓迎する人がいるのは、

当然のことなので、

TPPが売国行為なのか、加盟しないことが売国行為なのか、

そこら辺はよく考える必要があると思う。


考えてみれば、TPP加入予定国に、

アメリカと日本があるということは、

世界第1位と第3位の経済大国が加入する、一大経済協力体が出来るということなので、

あれほど二国間FTAを結んでいて、経済領土は日本の何倍!と自慢している韓国や、

経済成長率7%を誇る中国が焦るのも、

よくわかる。

EUだって他人事ではないと感じているはず。

だって、EU加盟国の大半は、貧乏国家だもん。

そして、あのTPPが、実は最初から日本を念頭に置いたものであることなど、

日本人もわかっている。

アメリカとその他、だったら何の意味もないのだ。


日本では、農業団体がTPPに反対しているけれど、

アメリカでは、自動車業界が反対している。

妥協点として、軽自動車企画の廃止を要求してきたけど、

国情に合わないので、軽自動車税率をあげることで、

日本側は対応しようとしている(と思う)。


80年代の日米貿易摩擦は、自動車問題だった。

日本車メーカーは、

アメリカ側の不満(使用者=国民は完全輸入車でも日本車を好んでいたけど、

自動車団体とその政治家)を満足させるために、

生産拠点をアメリカに移すことで、不満を鎮めた。


それでもやっぱりアメ車は売れない。

今度は韓国車もやってきた。

利害が一致した両者はどうしたかというと、

一連のトヨタバッシング。

その前にも、米国トヨタの副社長がセクハラで訴えられたりしたけど、

あれも、どうなんだろうね?と思われる。

で、やっぱり、また定番の「ブレーキが利かない」で、

トヨタを訴えるアメリカ人グループが現れた。

http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-12570.html

前回は、日本のマスコミも大喜びでトヨタ叩きに乗っかったけど、

今回はどうするんだろう。


そして、最近、やたらパンケーキブームとか、

NYで人気の朝食、NYで人気のカップケーキ、

ハワイのパンケーキ、

等など言われているよね。

荒れも、すごく匂う。

昔っから、ホットケーキと言えばおやつの定番だったのに、

なんでわざわざ、「アメリカ風」のホットケーキが、

パンケーキと名前を変えてフューチャーされるんだろ。


あれは、私は輸入穀物の普及を目指す、誰かの仕業だと思っている。

この間は、テレビで「今卵料理がブーム」とかやっていた。

エッグベネディクトなんていう、家庭で作るにはすごく面倒な料理まで、

紹介していた。

これは卵の消費を促す意図がある。


そして、どちらも後ろにあるのは、

TPPによる外国の農産物団体だと思う。

卵≒鶏の飼料になる穀物はアメリカからやってくる。

こむぎこの輸入に関する関税を決定したのは、

アメリカの意図を大きく反映している「ウルグアイラウンド」。

GATTとか、昔、学校で習いましたね。



ここまで書くと、私がものすごくTPP反対派のように思われるかもしれないけれど、

実は、どっちかっていうと賛成派なの。

というのも、

TPPがあれば、

例えば東南アジアの工場で生産した製品を、

アメリカやメキシコなどに輸出する際、関税がかからなくて済む。

今は、韓国が多国間と組んでいるFTAを利用して、

日本の工業製品を輸出しているらしいので、

その手間が省けるうえ、

韓国の貿易実績に寄与しなくて済む、というのも魅力。

また、日本が本気で農業国になるには、

TPPだけがハードルではない、と考えるから。


それより主要5品目ばかり、マスコミも取り上げるけれど、

むしろ深刻なのは、「医薬品」「保険制度」「特許の年限」だと思う。

これらがアメリカ主導の制度に巻き込まれると、

日本の弁護士も、今みたいな感じでは商売にならなくなって、

「勝てる弁護士」を目指さなくちゃいけなくなる。

だって、訴訟社会になることは火を見るより明らかだから。

人権派弁護士がいなくなるのは、とってもいいことだと思うけど。



韓国と中国も、TPPに加盟したいと表明したらしい。

中国は、そもそも太平洋に面していないし(面したいから台湾の独立も認めないし、南沙諸島で不法行為をやってるし、尖閣諸島も欲しがっている)、

著作権等の管理がめちゃめちゃなので、ハードルは相当高い。

でも、穀物市場を中国に求めたいアメリカとかが、

「特例」としてOKしちゃったらどうなるかな。

もしそうなってからだと、たぶん中国が強硬に反対するから、

いよいよ日本は加入できなくなるし、

加入してもメリットがなくなるけど、

加入しないデメリットも大きくなるよね。

出来ちゃったところに入るのは難しいし、

出来ちゃった規約を変更するのはもっと難しい。



というわけで、空中分解しちゃうことにはたいへん危惧を覚えているのであります。


中国と韓国がまともな国だったら、

それこそ「東アジア共同体」を呼びかけるのにね。

そう、戦前の日本が呼び掛けたのは、

まさに「東アジア共同体=大東亜共栄圏」なのです。

欧米の植民地化から脱し、ともに共存共栄しようという。

負けちゃったから、まるで悪政のように言われてるけど。




以上、おばさんの繰言でした。



スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。