ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ この人の行くべきところは北朝鮮TOPアノ人たち ≫ この人の行くべきところは北朝鮮

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

この人の行くべきところは北朝鮮

村山元首相 韓国国会で「歴史認識」主題に講演へ


【ソウル聯合ニュース】日本が植民地支配への反省と謝罪を表明した「村山談話」で知られる
村山富市元首相が12日、韓国国会で講演をする。

国会議員の集い、朝鮮通信使議員連盟代表を務める与党セヌリ党の鄭義和(チョン・ウィファ)議員が
5日、明らかにした。

 村山元首相は12日午前10時から約1時間30分、国会議員会館第1小会議室で
「正しい歴史認識による韓日関係確立」を主題に講演する予定だ。

 安倍晋三首相の靖国神社参拝についても売国行為と厳しく批判した村山元首相が
歴史歪曲(わいきょく)と右傾化の動きが続く日本の元首相として
歴史認識と韓日関係を主題に講演するという点で注目される。

 村山元首相は11日に訪韓し、2泊3日の日程を消化する予定だ。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/02/05/0200000000AJP20140205003500882.HTML


  


日本の国会の会議室にも、とんでもない人がやってきて「講演」しているようなので、

そりゃあ、まあ、本会議でなければ、なんでもありでしょう。

しかし、この人が本当に行くべきところは、

「北朝鮮」です。


長いこと、社民党(社会党)は、北朝鮮との太いパイプとやらを自負し、

北朝鮮による日本人拉致、はあり得ない、捏造だと断言していました。

主犯である、シンガンスの釈放を要求する署名活動さえしていました。

詳しくはこちら。↓

http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/196.html#id_00b1e59f


このジイサンの行くべきところは、同じ半島でも38度線の北。

長いこと、お宅の国をかばってあげてたので、褒めてください。

その代わり、我々に免じて、拉致被害者を返して下さい。

どうせ残り少ない人生なのですから、

人類の楽園である北朝鮮に骨をうずめる覚悟で、

是非行ってもらいたいものです。

単純な韓国は、何でもかんでも自分たちの味方をしてくれれば、

こんなじいさんでも歓迎するでしょうけど、

北朝鮮は、もっと賢いので、こんな資金も影響力もないジイサンなんて、

入国お断りでしょうけど。


ここまではっきり、中国や韓国のために働くジイサンが、

日本国の首相であったという事実。

ときどき、半島の2カ国や大陸がうらやましくなるのは、

事実を捻じ曲げ見ないふりしてでもなんでも、

自国は間違っていない!とそとにむかって断言してくれる政治家がいることです。



このジイサンは、「村山談話」なるものを発表する際に使った、

汚い手口について弁明すべきです。

国会議員の大半を、当時の衆議院議長土井たか子名で、

地方に返しておき、過半数ぎりぎりの出席者(当時第1党の社会党ばかり)の本会議で、

これを通してしまうというやり方。

それなのに、この談話が、後々独り歩きして、

日本と日本人の首を絞めていることについて、

国民の前で、お気に入りの反日メディアを通してではなく、

国会の証人喚問でやってほしい。

  


  


それから、NHKに政治家が圧力をかけようとしています。

これまでのNHKが、どれほど偏向報道していたか、心ある日本人ならみんな知っています。

自分たちこそが、NHKに政治的圧力をかけようとしていることに、

気が付いているのかいないのか。

ここでモミー、百田、長谷川の三氏が辞任に追い込まれでもしようものなら、

日本には言論の自由が無いことになります。

少しでも公の立場にあるものならば、

「日本は悪うございました」と言い続けなければならない、という意味になります。



本当にそんなことでいいの?

たぶん、ほとんどの日本人がそう感じていると思います。

謝って謝って、保障して保障して、賠償して賠償して、援助して援助して、

およそ国交を回復してからずーーーーっとやっています。

その結果が、今の盛大なジャパンディスカウントです。

世界中で繰り広げています。

もう、いい加減にやめませんか。

そろそろ、NOと言える日本になりましょうよ。




スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。