ジュヌヴィーヴな毎日

2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPスポンサー広告 ≫ 七月は鬼の月TOP台湾の思い出~日常 ≫ 七月は鬼の月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

七月は鬼の月

台湾(中華圏)の人は、7という数字を忌み嫌います。

不吉な数字だそうで、7歳差の結婚もアウトです。

とうぜん、7月は引っ越し、結婚、全部ご法度です。

その不吉な7月には、御祓いのためか、各所で拝拝が行われます。

台北市内のビルも、管理組合主催で、祭壇がしつらえられ、

お線香をたき、お供えをし、外には火を焚き、紙のお札などを燃やします。

私の住んでいたマンションは、下の方に食堂やオフィスなどもあるビルでしたが、

やはり7月に拝拝がありました。

面白かったのもあり(失礼)、住民として当然の権利と義務ですので、

お線香をあげ、お参りし、神のお札を火の中にくべました。

いったい何を避けていて、何にお願いしていたのか、今もって謎です。

台湾では、いわゆる新暦より農暦でものを考えるのですが、

これは新暦の7月に行われていた記憶。

また7月7日は、七夕ですが、

台湾では情人節=恋人の日で、恋人同士は、プレゼントを交換し合うそうです。

そして、2月にも西洋風のバレンタインデーがあり、

イベント好きにはたまりませんね。

でも、日本人男性はバレンタインデーに義理チョコをもらえないので、

さびしい日でもあります。

最近は、日本の影響で、チョコレートを贈る人も増えてきたようですが。

あ、森林北路のお姉さんからはもらえますドキドキ

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。