ジュヌヴィーヴな毎日

2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPスポンサー広告 ≫ スペインがうらやましいTOP日本 ≫ スペインがうらやましい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

スペインがうらやましい

スペイン、江沢民氏らを国際手配 チベット人権侵害で


 スペインが国際手配を要請したのは江沢民元国家主席のほか、李鵬(Li Peng)元首相、喬石(Qiao Shi)元公安局長、陳奎元(Chen Kuiyan)元チベット自治区党書記長ら5人。


 高裁のイスマエル・モレノ(Ismael Moreno)判事は、5人を中国・チベット自治区(Autonomous Region of Tibet)での大量虐殺、拷問、人道に対する罪で国際手配を要請したと発表した。


 江氏ら5人については昨年11月、スペインのチベット支援団体からチベット人に対する人権侵害で何らかの役割を果たしたとの国際報告があるとして事情聴取を求める訴えが同国裁判所に出されていた。


 スペインの人権団体による中国の元指導部らに対する訴えは、人権侵害に関しては国外で行われた行為であっても司法管轄権がおよぶとする「普遍的管轄権」に基づき受理された。

【翻訳編集】AFPBB News

http://topics.jp.msn.com/world/general/article.aspx?articleid=3287399


江沢民元国家主席

親日路線だった胡耀邦を失脚に追い込み、反日を国是とした方。


李鵬元首相

ご覧のように、20年後=2015年には、日本は亡くなると宣言された方。

その国から莫大なODAを取り付けるという・・・。

伊藤忠商事元社長にして元中国大使丹羽宇一郎さんから、収賄疑惑もアリ。


ふふふ、現在進行形のジェノサイドをやってる国が、証拠もない、いやむしろ政敵国民党がアメリカ参戦を誘うため、捏造した南京大虐殺を声高に叫ぶばかばかしさ。

それに乗っかる、鳩山とか、社会党田辺誠とか、アタマ悪すぎて、いやになります。


スペイン王女を尋問 脱税容疑、裁判所に出頭

2014.2.8 23:55

スペイン国王フアン・カルロス1世(76)の次女、クリスティーナ王女(48)は8日、同国マジョルカ島の裁判所に出頭し、夫の公金横領疑惑に絡む脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)の疑いで、予審判事の尋問を受けた。

 同国の報道によると、スペイン王室の直系メンバーが容疑者として尋問を受けるのは初めて。乗用車で到着した王女は、集まった大勢の報道陣の呼びかけに笑顔を見せ、裁判所に入った。尋問に同席した弁護士は、王女が判事に対し「夫を信頼している」と述べたと明らかにした。夫のウルダンガリン氏は、運営していたNPOが集めた自治体の公金を流用した疑いが持たれている。(共同)

左がクリスティーナ王女


日本では、皇室ヤフオク事件なるものがありますが、全然捜査もされていなければ、

話題にすらなっていません。

M子の第一ティアラとか、ググっちゃいやよ。


スペイン国王、ベネズエラ大統領に「だまれ」と激怒

2007年11月11日 13:20 発信地:サンチアゴ/チリ

【11月11日 AFP】チリの首都サンチアゴで開催されている第17回イベロ・アメリカ首脳会議に出席したスペインのフアン・カルロス1世国王は10日、会議の閉幕直前、ウゴ・チャベスベネズエラ大統領が繰り広げる激しい舌戦に、「黙れ」と発言し退場する一幕が見られた。

 カルロス1世国王は、チャベス大統領によるスペイン前首相が「ファシスト」だとする手厳しい演説が続いたことに耐えかねて、怒り心頭の余り会議の席を退出してしまった。

 第17回イベロ・アメリカ首脳会議は、中南米でスペイン語およびポルトガル語を公用語とするラテンアメリカ諸国、スペイン、ポルトガル、およびアンドラの欧州首脳が一堂に会し8日に開幕したが、問題の騒動が起きたのはその閉幕直前だった。
http://www.afpbb.com/articles/-/2310269?pid=2338064

カルロス国王(左)とチャベス大統領(右)

たいていの国は、元の宗主国と割と円満な関係を築いています。

それは、別に元の宗主国が善政を敷いたからではなく、その方がお得だから。

それこそ、完全に言葉を奪っていますので、元の宗主国の文化等が流入しないと、

基礎科学でさえ研究できないのです。

で、このカルロス国王の「黙れ!」です。

素晴らしい。失礼なことを言われたら、黙れ!って言っていいんです。

ちょっと国連で日本代表がキレると、それを同じ日本人があざ笑うという不思議な構図。



ああ、スペインがうらやましい。

言うべきことをちゃんという、世論と政府がうらやましい。

スペインなんて、植民地時代、相当な圧政を敷いて、インディオとか絶滅の危機に追いやっていますけど、

それでも国王が「黙れ!」と一喝。

怪しい事件は、王室と言えどちゃんと追求。

著しい人権侵害には、国家として糾弾。


素晴らしい。

うらやましい。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。