ジュヌヴィーヴな毎日

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 泣いていいし、笑っていいし、悔しがってもいいし、怒ってもいいTOP日本 ≫ 泣いていいし、笑っていいし、悔しがってもいいし、怒ってもいい

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

泣いていいし、笑っていいし、悔しがってもいいし、怒ってもいい

私は、スポーツ選手も人間だから、怒っても泣いてもいいと思う。

自分を守ってくれない、競技団体を追及したっていいと思う。

そういう腹の座った選手が出ることを願っている。

古いところでは、スポーツ裁判所に提訴した、千葉すずさんとか。

唯々諾々としたがっていても、その競技の未来はない。

まして、感情を抑える日本的美徳を、押し付けるなんて、気の毒杉。

頑張ってやって、納得いかなかったら、涙する。

それでいいのではと思う。


フィギュア団体戦・男子SPで7位のアボット、ソチ五輪

 

だから、

この美しい涙を忘れたくないし、


藤井1

このコメント主も許さない。


選手は、女子なら生理も止まるくらい食事制限をし、

体をあざだらけにしながら、ジャンプの練習をしている。

いろんな人の応援にこたえたかったからこその涙なのに、

なんだこれは、と思う。


やるだけのことはやった、としてさばさばした笑顔を見せるウエムラ選手も素晴らしいけど、

滑る前から傾斜配分されているという、妙なルールについて本当はモーグル団体は検討すべきだし、

きちんと周囲に気を配るタカナシ選手も立派だけど、

堪え切れないほど悔しく悲しい、という気持ちもあってしかるべき。

むしろ彼女を追いつめた、マスコミの追っかけとか、なんで反省しないのか不思議。

負けてもスポーツマンらしく笑顔、

日本人らしく感謝の言葉を口にする、

それはそれで素晴らしいけれど、

それをデフォにしないで、と思う。

負けて悔しいなら悔しいと、判定に納得がいかないならいかないと、マスコミがうるさいならうるさいと、

選手や競技団体が叫ばない限り、

改善は望めないのだよ。

まして、それを「日本人らしくない」とか何とか言って、

同じ日本人が抑え込むなんて、

まるで

「それをやったら韓国と同じになってしまいます」と同じ理屈。


・・・・・・と少なくとも、私は思います。

皆さんは、どうですか?

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。