ジュヌヴィーヴな毎日

2017年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年12月
TOPスポンサー広告 ≫ アメリカンアイドルTOP日本 ≫ アメリカンアイドル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

アメリカンアイドル






ご存じFOXテレビの人気オーディション番組。アメリカンアイドル。

私はこれを見るのが大好き。


初めてこの番組に気がついた時は、本選だったので、

コンテスタントたちがプロ並みの演出で視聴者の投票によって、

ふるい落とされていくのが面白かった。

で、

翌シーズンから、地方予選からじっくり見たの。

これが、絶対予選の方が面白いのよ。

地方予選では、一人一節、審査員の前でアカペラで歌う。

審査員は、本選まで同じく、大スターの皆さんが担当する。

今年は、ジェニロペ、キース・アーバン、ハリーコニックJr.という本物のスター。




そして、参加者は…、

なんていうか・・・・低所得者層の集まり・・・あ、言い過ぎ?

もちろん才能ある人が多いんだけど、

皆さんのご職業が、押しなべて不安定。

高校生とか大学生とかはいいとして、

このオーディションはいったんハリウッド予選で通っちゃうと、

すごい長丁場になるので、

いい大人で

定職についている人は=社会的に成功している人は、参加しない。


そして、まー、多民族国家であるったらすごいです。

今年はあまり自分の民族的ルーツを主張する人はいなかったけど、

昨年は、アメリカのエスニックグループ見本市のよう。

インドのシーク教徒とか、アフリカで2歳まで育ち難民としてアメリカに来た、とか

イスラエル人ですとか、両親は英語が話せないキューバからの移民の子とか、

中国とメキシコのハーフとか、フィリピン系でアラスカに住んでいます、とか

あれとこれとそれのミックスで、文化的にいつもはじかれていじめにあう、とか

そしてそれがとてもよくわかるわ、というマライア・キャリーが審査員だったりした。


そして、皆さん、激しく自信がおありで、いや、それは勘違いでは?レベルの人もいる。

でも、自信がなさそうなそぶりを見せると、すかさず審査員が聞く。

「あなたは次のアメリカンアイドルなの?」

もちろん、「イエス!」って即答できないようなメンタリティじゃ、すぐ脱落。

自信がなさそうなそぶりが、謙虚で好感が持てる、なんていう

日本的な美意識は、一切ない世界。



私達がネゴシエートする相手は、

こういう精神文化を持つ人々なんだ、と

毎回思う。

日本的な謙譲の美徳なんて、一切捨てない限り、

もしかして、アメリカ様には永遠に勝てないのではないかと思う。

甘利さん、頑張って下さい。

ノーモア不平等条約!

リメンバー日米貿易摩擦。







なんか言われたら、「差別ニダ!」って言ってやれ。


スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。