ジュヌヴィーヴな毎日

2017年05月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2017年07月
TOP ≫ CATEGORY ≫ 日本
CATEGORY ≫ 日本

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

潮目が変わってきました。

今日は大事な決戦の日ですので、

政治的なことを書くのは控えたいのですが・・・・。



既に皆様お気付きですが、

日本も潮目が変わってきました。

私の地元のコンビニ軒の小さな書店にも、いわゆる嫌韓本や田母神著書が置いてあり、

なんと

WiLL (ウィル) 2014年 05月号 [雑誌]/ワック
¥780
Amazon.co.jp

が、平積みになっています。

すぐそばの棚に、

FRaU (フラウ) 2014年 02月号 [雑誌]/講談社
¥650
Amazon.co.jp

こんなのも置いてあるのがご愛嬌ですが。

真面目な話、「今こそ、ソウル」の理由が全く分かりません。

日本人観光客が減って、明洞の商店街が困っているから行ってくれ、

ということなのでしょうか。

毎日絶賛反日祭りの国に円を落としに行かせるとは、

講談社様は出版不況は関係ないようですね。



それにしても、潮目が変わりました。


ほんの10年前だったら、

こんなことを外務大臣が言おうものなら、国会が大紛糾、

マスコミも毎日政権叩きでした。



岸田外相ODA大綱見直し、正式表明

岸田文雄外相は28日、日本記者クラブで記者会見し、政府開発援助(ODA)大綱を見直すと正式に表明した。見直しは2003年8月以来11年ぶりで、年内の閣議決定を目指す。自らの下に学識者らによる有識者懇談会を設置することも明らかにした。

 懇談会は31日に初会合を開き、6月をメドに報告書をまとめる。新大綱は安倍政権が掲げる「積極的平和主義」の考え方や民間資金との連携強化を盛り込みたい考えだ。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2805F_Y4A320C1PP8000/


だいたい、世界第二位の経済大国にして、有人ロケットを宇宙に飛ばし、

核拡散防止条約で核保有を認められたような大国様に、

いつまでもODAし続けることが不自然なのです。

世界にはもっと本当にお困りの国で、

日本に対してニュートラルな国がいくらでもあるので、

そういう国にODAを出すべきです。

今の中国様にODAを拠出するのは、失礼というもの。

永遠に発展途上国のお立場でいらっしゃりたいようですが、

アメリカ様とのG2構想をお持ちなら、

大国らしいおふるまいをお願いしたいものです。


私は一時、自称南京在住の台湾人で日本語能力者、の男性と

メールをやり取りしたことがあるのですが、

「日本は戦争で悪いことをした」と言い出したので、

「だからこそ、日本は贖罪の意味もあって中国に巨額のODAを出しているのですよ」

と言ったら、

「ODAをもらっているにしたってふじこふふこ」とおかしくなっていったので、

この人の自称台湾人は、ウソだなと思い、メールを受信拒否にしました。

そもそも、ODAなんていう言葉を知っている台湾人、というのがものすごく不自然です。

台湾における日本語能力者で反日、という人は、ほとんどいません。

大陸は別です。

大陸は、好きでなくても商売のために日本語を習う人、

工作員養成のために日本語を学ばされる人、などがいますから。



ところが、この安倍政権の「積極的平和主義」という言葉にかみつくのは野党のお仕事としても、

中国へのODAについて、とてもこだわっていたのはこの方。



元駐日大使、元伊藤忠社長の丹羽宇一郎先生。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%B9%E7%BE%BD%E5%AE%87%E4%B8%80%E9%83%8E



名古屋大学学生時代は、自治会長として安保闘争で先頭に立って戦ったそうです。

筋金入りの反米。

学生運動仲間のカンナオト総理によって、在中国特命全権大使に任命されました。

更迭された際、後任の方が、赴任前に日本国内で急死されたことを、

ご記憶の方も多いと思います。



丹羽宇一郎先生が、日経新聞の子会社の主催で、

小中企業経営者向けの講演会をされています。

そこで、「政府の対中国政策」について、

「あんなやり方をされたら、現地で商売をしている者は大迷惑だ」くらい言ってらっしゃるのではないかと、

激しく懸念いたします。

伊藤忠様と、いわゆる中小企業とは資本力も中国とのコネも、まるきり違ううえ、

伊藤忠様がいわゆる贈収賄で大阪国税局に操作されたことも、

併せてスピーチしてくださるなら別ですけど。




台湾問題の「問題」

http://ameblo.jp/nipponnoobasan/entry-11801209417.html こちらご紹介した、

話題の台湾の「両岸サービス貿易協定」

昨年の6月に締結されているようです。

http://www.jetro.go.jp/biznews/51d3a32021b10

下地は2010年と言いますので、馬英九総統は前の任期ですでに、着々と準備を進めていたのでしょう。

なんで今頃、立法院ででも騒ぎになったのか、

半年以上のタイムラグはなぜなのか。

締結された時点で、もっと大騒ぎにならなかったのはなぜなのか。


馬英九総統は、1950年香港生まれですので、

全くの外省人で、さらには228事件当時には台湾にいなかった一族です。

本人は、アメリカの永住権を持ち、国籍も持っているのでは?という噂もあります。

何かあれば、とっととアメリカに逃げられる人なのです。


私は、馬英九が台北市長で、

陳水扁が総統、そして民進党の実務能力の無さと

収賄が問題になってきたころ、馬英九人気が盛り上がってきたころに、

台北にいました。

総統府の正面に国民党本部があったのですが、

そこの横断幕に

「抗日」とあって、たいへん不愉快な思いをしたものです。

まさに、国民党は中国大陸の政党であるな、と感じました。

だって、2006年現在、

台湾が日本に抗うって、何の話?ではありませんか?


ちょうど私が台湾にいたころ、

野党であった国民党の連戦党首が大陸を訪問し、

蒋介石VS毛沢東以来の、

国共党首会談をしたのでした。

(連戦は、連戦連敗という不名誉なあだ名がありました)

国民党は、中国大陸への復帰をあきらめていない政党なのです。

台湾が中国の一部である、というのは、

国民党的には普通のことなのでしょう。

むしろ、

以前の李登輝総統の方が、異例のことと言えます。

李登輝総統は、国民党始まって以来の、

本省人の党首で、総統でした。

ここではじめて、「我々は台湾人である」というアイデンティティが目覚めたと言っても過言ではないでしょう。


古い台湾を知っている方は、

「日本の懐かしい光景が残っているから好き」という方が多かったのですが、

それは、

台湾の支配層である国民党=外省人が、

「そのうち大陸に帰るのだから、特に開発しても無駄」と考えていたからです。

なので、台湾の上下水道などは、日本時代のままだったりします。

そういうわけで、日本時代の建物をそのまま総統府にしたり、

官庁にしたりしていたわけです。

結果的に、それが親日国台湾としてのアピールにつながり、

我々日本人も、台湾に対して尊敬と好意を抱くことになったので、

結果オーライなのですが、

それでも国民党のスローガンには「抗日」があったのです。

いやになりますね。


さて、この両岸サービス協定が本格的になると、

台湾に中国本土から、大量の中国人が移住することになります。

何が起きるかというと、

クリミア半島におけるロシアの行動の再現です。

自国民の保護、ということで人民解放軍の進駐が容易になるでしょう。

台湾の中国帰属ということも、

容易になるかもしれませんね。

そうすると、尖閣を取られたどころの話ではなくなり、

太平洋は中国に接する海ということになり、

南シナ海で、無理くり基地を作らなくても、

簡単に太平洋に進出できます。

そうなると、

日本のシーレーンも大変危険なことになり、

戦前の海上貿易封鎖の悪夢再び、ということになります。

もちろん、小笠原諸島もハワイ諸島も狙われます。



というわけで、

台湾の立法院占拠のニュースは、本当は毎日TVで生中継してもいいくらいの、

大問題なのです。







経営マインドを持て!

古い話でごめんなさい。


ひところ流行った「民間出身の校長」ってやつよー。

あれって、まさに教育を理解していない人の発想ね、って思った。

明日の100点がほしければ、暴論ですけど、塾か予備校に行けばいいだけの話。

教育って、人生を培っていく基礎のようなものなのよ。

利益を出すって言う発想が、そもそも間違いなの。

もちろん、義務教育課程をきっちり子供に教え込んでほしいし、

その目安に、あの全国一斉のテストがあるとも思うわ。

発表するのもしないのも、それが子供たちにとって良いと思えばすればいいだけ。

政府、学校や教師批判につながるって言う発想が、そもそも違うわね。

マスコミも、親も、教員側も。

思い出すのは、橋本前市長の肝いり、公募校長が、1学期持たずに退職したって言うお話。

http://megalodon.jp/2013-0626-2222-35/www.yomiuri.co.jp/national/news/20130626-OYT1T00239.htm?from=ylist

そもそも何しに来たんだって話よね。

この人、「僕は自分のキャリアのためにやってきました」って告白してるも同じ。

学校って、「学期」というスケジュールが基本。

学校に勤める人間の仁義として、「学期末までは勤め上げる」って言うのがあるのよ。

海外旅行も、長期休暇以外は行けないわ。


この方、1学期持たなかったのね…。ゆとり世代の新人教員よりタチが悪いわね。

大体1年通さないと、学校のすべてってわからないものなのよ。

4月、行政的に言うと、いちばん大事なのは「児童生徒数の確定」なんだけど、

それがなぜかもわからないまま、辞めちゃったのかしら。

小規模校だと、人事や予算面で、そりゃあ不利な面もいっぱいあるわ。

だからと言って、「新人校長は小規模校と言うのは年功序列だ!」って文句言うのもねえ…。

きれいごとじゃなくて、

その学校に通う子供たちにとっては、たった一つの大切な学校よね。

地域の人にとっても同じよ。

それを、年功序列だからこんなところに押し込められた、って聞かされて、

嬉しい地元の人っているのかしら。



何事も、実績をあげてからって、それこそ実社会で学ばなかったのかしら。

あと、この方「英語教育に力を入れたい」が希望だったけど、

この小学校は「基礎学力の向上」が課題だったことを不満としてるけど、

その何が不満なんだか、私にはサッパリわからないわー。

この人って、人材も予算も児童の資質も家庭の教育力もぜーんぶ整えてもらって、

その上で赴任する気だったのかしら。

それと、児童に謝る気はないって言いきってたらしいけど、

「最後までやり遂げることができない大人」っていう見本を示しちゃったことは、

せめて保護者には謝ってほしいわね。

その後しばらく、校長不在の事態よ。

教頭先生に緊急の兼務辞令を出したのかしら。

校長候補がどこかでぶらぶらしてるわけがないので、

どこかで誰かが、職場を途中で変わるって言う事態になってるはず。

その学校の児童生徒保護者にこそ、謝ってほしいわね。


あとねー、

一般の教員が管理職に求めるものって、

人事とか予算に力を発揮するって言うのもあるけど、

まずは、「教科指導」や「生徒指導」で教えを乞えるってことなのよね。

教材研究とか、保護者の対応とか、

そういうことに力になってもらえないって、ちょっと厄介よね。


この千葉貴樹って言う方に限定して言えば、

38歳で、複数の外資系証券会社に10年以上お勤め、ということなので、

次!次!とポストと収入を求めて渡り歩くタイプの方のようなので、

どちらにしても長くはお勤めできなかったでしょうね。

じっくり長くお付き合いしたい日本では、あまり好まれないタイプかも。

地域に根差すとか言う感覚も、まったくわからなかったんだろうなあ。

普通、こういうキャリアの方は、英語力より「証券マンとしての才覚」を売り物にするでしょう…。

よくわからない方です。

どっちにしても、例え大規模校に行っても、

英語教育に力を入れるための予算の確保とか、人材の確保とか、

カリキュラムの変更は、イチ校長じゃ、どーしよーもできませんから。



こういう目玉政策としての「民間人校長」って、

普通にまじめにやってきた一般の教職員のやる気をそぐんじゃないのかしらね。

私ならすごく嫌だけど。

あとせこいこと言うようだけど、基準日の6月1日には在籍なので、

6月支給の「期末手当(ボーナス)」はもらって退職されたのかしらね。

いやだわー。30%くらいだけどね。


教育は奉仕である。

奉仕は愛である。

よって教育は愛である。

私が、駆け出しのころに教わった言葉よ。

子供のためにあるのよ、学校は。

自分の夢のためにあるんじゃないの。

まだ信じてる?

だいたい、よさそうに聞こえる言葉ほど、胡散臭い物はありません。


例えば、「改革改革って言って、何かいいことありましたか?」by三橋貴明

じゃないですけど、

あの構造改革とか、小泉改革とか、政治改革って、

なんだったんでしょうね。

ただ壊しておかしくしただけ、と私は思うんですけど。

今振り返ると、

あの小泉政権の「聖域なき構造改革」と

民主党の政策とは、類似点が多すぎて眩暈がします。

結局、非正規雇用者を産み、雇用不安と、

それによる結婚できない男女と子供を持つことをためらう人々を増やしただけじゃない?

私は、細川護熙を「失われた20年の開祖」と呼び、

小泉純一郎を「失われた20年の中興の祖」と呼んでいます。

だいたい、デフレスパイラルって、小泉時代に始まったのよ。

のこのこと、二人そろって都知事選に出てきて、

「脱成長」まで言い出したときには、

石ぶつけたいくらいだったわ。

とんだ無責任野郎二人組よ。



でもって、「グローバル化」っていうあれ。

あれは、単なる米国至上主義というか、

米国の経済植民地化を言うのよ。

なんで、外国人を突然雇って、

超高給を与えて社長に据え置きたがるのか、

さっぱり意味が分からない。

それも、昨日今日出来たベンチャー企業ならともかく、

日本の顔とも言えるような企業がよ?

代表的なのが、ソニーのハワード・ストリンガー氏よね。

ハワード・ストリンガー

この方を呼んできた人って、一体ダレ?井出元会長?

なんで株主は、この人と、この人を引っ張ってきた人を訴え無いわけ?

この方がいらっしゃる前のソニーの株価は4000円、辞任時には1000円よ?

しかも、この方の年俸って4億8千万円とか言うじゃない?

今やソニーは創業の地を売り渡し、昔日の面影はないわ。

大体モノづくりニッポンの主要メーカーの社長に、

こともあろうにアメリカのジャーナリストあがりを社長に据え置くなんて、

アタマおかしいとしか言えないわね。

アメリカでの事業が、ソニーの稼ぎ頭にしたのが功績らしいけど、

結局は映画事業で大赤字出してるわよね。

ソニーの本来の立ち位置を誤ったとしか言えないわよね。

魂を売り渡してしまったのね。

ものづくりから、コンテンツ事業へのシフトの失敗が、

井出会長から二代に渡って拡大したってわけ。


そういう意味では、創業以来の大ピンチに、

創業家の子孫を社長に置いたトヨタは正しかったのかもしれない。

創業の精神に立ち返るって、

すごく大事なことよ。

とはいえ、同族会社だと、

場合によっては会社の富を全部一族が吸収する構造になってるとこもあるので、

何とも言えないけど。

そこはその企業のコンプライアンスというか、良心にに期待するしかないわね。


成功例のように言われてるゴーン氏。評価は差し控えるわね。

ただ、この方が日産自動車を黒字転換できたのは、

外国人ならではの非情なるリストラのおかげであって、

純粋な営業の好転によるものではない、と私は思う。

工場閉鎖して、従業員クビにして、文化事業から撤退すれば、

誰でも黒字転換できたのでは?と意地悪く思ってしまうわね。

ちなみに今日の株価は終値873円、トヨタは5508円。


武田薬品は大丈夫かしらね。


とにかく、猫も杓子も有難がって外国人社長を招くのはやめて頂きたいわね。

これ、何も国粋主義的に言ってるんじゃないのよ。

日本が、日本型雇用で社員一致団結して日本の経済成長をさせてきたのに、

それを根底から覆されて有難がるのはやめて、と言いたいの。

外国の大手企業で、一人でも日本人社長が誕生したら、

その時こそが、まさにグローバル化元年でしょうね。

石油メジャーに日本人社長とかね。

今は、単に欧米が日本に「シェアよこせ」って言ってきてるだけの話。

あと、社内公用語が英語って、馬鹿じゃないのかと思うわね。

高度な専門的な話し合いが母国にいながら母国語でできないような企業が、

発展してくわけないじゃない。

貴重な脳みそを、本業以外に使わせるんじゃないわよ。

リストラの理由を探してるだけなんでしょ。

むしろ、社内公用語を日本語にして、世界中に日本語を話させるくらいにしろよ、

って思うわね。

どことは言わないけど、社内公用語なんて言いだす、その時点でブラック認定よ。

フフン。


    



安倍おろしが始まってるわね。

文句がある時は、オネエ言葉になる私。

とっても気持ちが表せて、便利よ。



巧みな、世論誘導による、安倍おろしが始まったわね。

かすかに、かすかに。

正当な保守的発言のふうを装って、

なんとしてでも、安倍政権を終わらせたい人々が、

集結し始めてる。

私だって、ベストとは思わないけどベターだと思うから、

今のところ支持している。

現状、安倍首相意外で、誰がいる???

と思うわけ。

石破とか、冗談じゃないわよ。

シンディはNHK改革を断行しないと、難しいわね。

私はシンディ推しだけど。

現内閣は、「俺が俺が」がいないのが、最大の良さよね。


ところで、


先日来広まった、「移民推進自民議員」に関する2chスレ。

下村文相も加盟しているとか、そういうの。

これを広めた人は善意からだと思うけど、

下村文相自身がFBではっきり否定している。

元スレを立てた2chのスレ主は、一体どういう意図があるのかな。

俗にいう、保守分断なのか、それともまじトピなのか。

とにかく、ブログの世界は玉石混交、というより、

なりすまし、もいるから、本当に気を付けたいわね。



集団的自衛権について、様々な意見があっていいとは思うの。

むしろ、あるべきよ。

反対意見がないなんて、そんなの今時、北朝鮮くらいよ。

(反日に関しては韓国も同じだけど)

でもね、反対している自民党の先生方をあげてみると、

わかりやすいわね。

「それだけではない」ってことが。


古賀誠先生。

もう、言わずもがなよね。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-05-31/2013053101_08_1.html

これ、コラ画像じゃないですよ。人権保護法にも賛成。

なりすまし左翼、と私は見ています。

古賀先生は、

靖国神社はについても、A級戦犯分祀を主張しています。

A級戦犯が国内法的には名誉が回復されていることや、

そもそもA級戦犯は、罪が重いのではなく、罪の種類が違うのだ、と言う事実さえ、

誤認していらっしゃるご様子ね。

一回祀られた御霊はもう「神様」なので、

人間の都合で「あなた方だけどこかに行ってください」とは、

言えないの。神道として、ありえないの。

神様に対して指図する人間て、あり得る?

神道で、分祀と言えば、そこの神様を、分身の術のように、

まったく同じものを他にお移ししてお祀りすること。

あちこちに、八幡様があるのをイメージすればわかるわよね。

お父様はフィリピンで戦死されているそうですが、こういうことを言われると、

本当に日本人かな?と思ってしまいますね。



それと、反対しているもう一人の自民の大物。

この方と、

この方は、義兄弟。(妹の夫が岡田先生)

盆暮れはもとより、冠婚葬祭に必ず顔を合わせる、最も近い親せきってことです。



村山内閣で環境庁長官(今だったら大臣なのに)、小泉内閣以来、無官なのが悔しい。

副総裁まで務めたので、あと一歩でした。

そして、この方は「公明党との太いパイプ」がご自慢・・・・。

選挙協力には、どうしても必要だったんでしょうね。

大島理森でググると、「土下座」と出てきます。



自民党の皆さんは、

自民党が支持されているのではなくて、

①民主党があまりに酷かった

と言うのが主なる理由であることと、

今の自民党支持者の大半が、

②安倍晋三というか、戦後レジームの脱却の支持者であること

を忘れないでいただきたいわね。

内閣改造がないと、大臣の職に派閥の者が就けないから、内閣改造を求めるとか、

そういう政治ゲームをまた始めると、あっという間に支持は無くなるわよ。


それから、

私は誰が総理大臣でも「最高責任者は総理大臣だ」というのは、

間違ってないと思うんだけど。

どうしてそこにかみつくのかしら。

変ね。



安定のガースー。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。